So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

メンテナンス(その22)ハイビームLED化 [メンテナンス]

今日は午後から天気がよくなったので、車検時の光軸調整ができなかった対策として、
アッパーカウルの取り外し&取り付けをしました。

ただ、どうせならばと思い、ついでにヘッドライトのLED化もしました。
今回はLEDライトの取り付けについて、記載します。

今回購入したLEDライトは、車用のヘッドライトでPIAA製。

↓ 購入ライト(LEH141)その1
IMG_3940.JPG

今年の11月に発売されたばかりのライトですが、AUTOBACS鎌ケ谷店に売っていました。

購入動機は、ライト先端の薄さです。
HAYABUSAのライトはプロジェクターのため、配光の関係で、ライトの先端が写真のように薄くなければならないのです。(市販のLEDライトの先端は丸くでかいので、NG)

やっと、念願のライトが登場したという感じです。

↓ 購入ライト(LEH141)その2
IMG_3942.JPG

このライトのもうひとつのよいところは、制御装置が非常にコンパクトなところです。
写真の黒い四角部分がコンパクトで、バイクのカウルにも収納できるからです。

本日、アッパーカウルまで取り外し。

↓ 作業中(アッパーカウル取り外し中)
IMG_4056.JPG

ハイビームはHB3タイプで、今となっては貴重な部類のタイプです。

↓ 作業中(LEDライト取り付け)
IMG_4060.JPG

取り付けは簡単でした。
また、写真のように、制御装置をクッションで覆い、簡易固定としました。


あとはカウルの取り付けです。

↓ 取り付け完了!
IMG_4067.JPG

LOWビームはHIDですが、それに劣らない光量のLEDライトです。
点灯するとファンは回りますが、ファンの音はエンジン音で掻き消されており、全く音が聞こえなく、気になりません。

LEDライトは値段を除けば、光量・寿命等いいことずくめだと思います。
ハロゲンライトの交換の際に、検討してみるのもいいですね。但し、値段が高いので決心は要りますね。

P.S. アッパーカウルの調整のため、全バラしたのですが、やはりダメでした。なので、光軸もずれています。後日、再度バラしての調整をしないと・・・。

nice!(9)  コメント(0) 

バイク用品(その3)の続き [バイクアイテム]

この頃、めっきり寒くなりました。
ジャケットも秋冬用を着ないと寒いですね。

今回のヘルメットのアイテムの話題は、人生初のミラーシールドです。
数ヶ月装着し、おおよそメリット・デメリットがわかってきましたので、インプレします。

今回追加したアイテム1:ミラーシールド包装
IMG_3907.JPG
このシールドはライコランド柏で企画した柏店の限定ミラーシールドですが、山城というメーカのOEMみたいです。
SHOEI純正ミラーシールドはブルーなどですが、ライコランド柏の限定色はピンク色のミラーシールドです。

見た目は派手ですが、ミラー越しの見た目は、ノーマルのシールドとあまり代わりはない自然な色でした。(例:ブルーミラーシールドは黄色ががって見えます)

また、私は視力が弱いので、ライトスモーク(shoeiではメロースモークという)のミラーシールドを選択。

今回追加したアイテム2:ミラーシールド装着
IMG_3911.JPG
では、ミラーシールドインプレ。(私は素人なので、あくまで個人的な所感です)
【長所】
・直射日光の元でも、目にやさしい。運転していてもかなり目が楽なことを実感。
 サングラスをしている人の気持ちが少しわかった気がします。
・ピンク色のミラーシールドですが、シールド越しからみた色合いはノーマルの自然色とそれほど違和感がなく、自然色。
・見た目がかっこいい。個人的には満足です。
・ライトスモークなので、外からも私の顔が見えにくいので、満足です。クリアは顔が外から直に見えてしまう・・・。

【短所】
・手入れが大変!指紋がつきやすいので、シールドを扱うのに大変気を遣います。
・シールドのWAXがない。有機系はNGなので、通常のWAXが使えません。現状では、何もできません。
・走行中に虫がシールドについたら、清掃が大変そう。雨の水滴も乾くと残るので、どうやって手入れしていいか正直わかりません。
 →今のところ、水分を十分含ませたタオルでじっくり拭きとるだけが唯一の手段?
・ネットで検索すると、寿命は1年程度か?値段の割には寿命が短すぎです。
 ミラーシールドは1万弱、SHOEIのスモークシールドは5千円程度。


どうなるかは不明ですが、夏はシールドに虫が必ずつきます。これをどのように除去するかが
課題ですが、見た目と実用はかなり満足のレベルです。

まだ試したことの無い方は一度はミラーシールドを装着てみるのもよいかと思います。




nice!(6)  コメント(0) 

散歩 [バイク]

今日、2019年9月6日(金)は会社を休んで散歩。
目的は無かったのですが、ツーリングプランを見たら、房総2日間¥2,500でしたので、目的地は南房総とし、道の駅スタンプラリーをしてきました。

AM7:30出発。

京葉道はあいかわらずの渋滞でしたが、館山道は快走できました。
目的地や時間制約もなかったので、ゆっくり走行(80km/h~100km/hでノロノロ走行)。

はじめの到着地は、「道の駅保田小学校」。
ここは小学校を改築し、道の駅にしたそう。あきらかに、教室でしたが、教室毎に店を出店。
2階は宿泊所とのこと。

↓道の駅保田小学校1
道の駅保田小学校1.JPG

↓道の駅保田小学校2:教室でした
道の駅保田小学校2.JPG

次は数キロ先の「道の駅きょなん」
ここは、最近の道の駅とは違い、昔からの駅。
なので、物産館とかはなく、観光案内所程度と、出店風の飲食店が数店のみでした。

次は「道の駅とみやま」
ここは、お土産・物産館はもちろん、水産もありました。
伊勢エビは、100g/980円でしたが、高級過ぎて買えません・・・。
↓道の駅とみやま
道の駅とみやま.JPG

次も6km程度先の「道の駅とみうら」
ここはおしゃれな駅で、お土産も少し違います。
↓「道の駅とみうら」
道の駅とみうら.JPG

次は10km先の「道の駅おおつの里」
ここは無人駅でした。植物とイチゴ園のみ。人も全くいませんでした。
↓「おおつの里」
道の駅おおつの里.JPG

次も10km先の「道の駅三芳村」
道中、かなりの酷道。一日に数台しか通らない道でした。少し怖かったですね~。
無事、三芳村に到着。
ここはお土産に力を入れているみたいでした。また、無料休憩所もあり、ライダーにはよい駅でした。
↓三芳村
道の駅三芳村.JPG

次は少し、寄り道し、洲崎灯台へ。
途中、「道の駅たてやま」がありましたが、通過し、洲崎灯台へ。
灯台は修理中でした。
お昼のせいか、人気はまったく居なく、貸し切り状態です。
↓洲崎灯台
洲崎灯台.JPG

次は10km弱先の「道の駅南房パラダイス」
レストランは南国風で、雰囲気ばっちりな駅でした。
↓南房パラダイス
道の駅南房パラダイス.JPG

次は野島崎灯台をパスして、「道の駅ちくら・潮風公園」
ここは水産がメインみたいですが、すこし割高感がありました。
房州エビ(伊勢エビ)も100g/1100円)。手が出ませんね~。
↓道の駅ちくら
道の駅ちくら・潮風王国.JPG

次は10km先の「道の駅ローズマリー公園」
ここからは「くじら」なる食材が店頭に見受けられるようになってきました。
私は「くじらコロッケ」を購入。
正直、くじらの味が、よくわかりませんでした。(すいません)

↓道の駅ローズマリー公園
道の駅ローズマリー公園・丸山町.JPG

↓くじらコロッケ
くじらコロッケ.JPG

次は、「道の駅和田浦WA・O!」
ここは鉄道の駅と併設しているところです。きれいな道の駅でした。
↓道の駅和田浦WA・O!
道の駅和田浦WA・O!.JPG

次は、本日最後の道の駅「鴨川オーシャンパーク」
ここの建物はすごく個性的で、すばらしい駅です。
また、外洋を見れる展望階も必見です。船も展示しており、船に乗れます。
↓道の駅鴨川オーシャンパーク
道の駅鴨川オーシャンパーク.JPG

↓展望階からの海(遠くに見えるのは、台風15号の一部かな?)
道の駅鴨川から海.JPG


今回は、南房総の道の駅めぐりでした。
平日だったため、ほとんど車がいなく、フラワーライン含め、快走できました。

タグ:南房総
nice!(11) 

メンテナンス(その21)ホイール清掃 [メンテナンス]

ホイールはだいぶ、清掃していなかったので、涼しくなった夕方に実施しました。
ホイールはブレーキパッドの鉄粉や、チェーンオイルの飛散で走行距離に比例して汚れていきます。

今回は、以前に、「2りんかん」で購入した”花咲せG マルチクリーナー”を使用してみました。
原液のままだと濃すぎるらしいので、100円ショップで購入した入れ物に水で薄めての使用です。
今回はよくわからないので、10倍位で水で薄めました。

↓ ”マルチクリーナーと、10倍で薄めたクリーナー”
IMG_3853.JPG

この薄めた液を汚れたホイールにかけて、待つこと数分。
あとは水でよく流し、ぞうきんで拭き取るだけ。

↓リアホイール(チェーン側)
IMG_3847.JPG

↓リアホイール(チェーン側の反対側)
IMG_3846.JPG

全く力も入れていないのに、不思議なくらいよく落ちました。
あとはWAXをかけて、終了。

新品のような輝きになりました。
汚れがあまりにもひどい部位には、かなり有効なアイテムみたいです。

nice!(9)  コメント(1) 

メンテナンス(その20)テールランプ交換・ライセンスランプ交換 [メンテナンス]

とある日に、出発前点検をしていたら、ライセンスランプが無点灯でした。
どうやら、球切れです。

今回は、テールランプ/ストップランプ交換と、ライセンスランプ交換です。

↓17年間使用したテールランプ/ストップランプと、ライセンスランプ
17年目使用したランプ.JPG

GSX1300R(~07年型)のランプですが、次のとおり。
テール/ストップランプ: 21W/5W 口金 G18 × 2個
ライセンスランプ: 5W T10 × 1個

どうせ交換するならば、省電力タイプのLEDランプに交換することにしました。
かなり割高ですが・・・。


↓ 交換するLED(その1)
購入ランプ1.JPG

↓ 交換するLED(その2)
購入ランプ2.JPG

従来のランプに合うLEDを購入しました。
 テール/ストップランプ: ヴァレンティ S25 ダブル 口金タイプ (15d 180度)100lm 赤灯
   ※15dは口金の直径が15mmということ。180度は爪の角度。
   ※口金タイプには一般的に15dですが、爪の角度は180度以外もありますので、角度は注意。
 ライセンスランプ: GIGA T10タイプ 6500k 100lm

【補足】ちなみに、光の単位について。
 lm・・・ルーメン。その灯から発光する光の強さ。これが大きいと明るい。
 cd・・・カンデラ。その灯のある特定方向からの光の強さ。これが大きいと一定方向からの光の
    明るさがわかる。車検では8000cd以上ともいわれている数値。
 k・・・ケルビン。光の色のこと。この数値が高いと白色に近くなりますが、6500kを超えると、
   感覚的に紫色に近くなっていきますね。白色を求めるならば、個人的には6500k前後かな?


いよいよ、取り付けです。
↓試み点灯(その1):テールランプ点灯
試み点灯1.JPG



↓試み点灯(その2):ストップランプ点灯
試み点灯2.JPG



↓試み点灯(その3):ライセンスランプ点灯
試み点灯3.JPG


テールランプ/ストップランプは口金タイプなので、取り付け間違いはないことでしょう。
ライセンスランプはT10タイプ。これはどちらの向きでも取り付けできるので、取り付け間違いが
あります。つまり、ランプが点灯しないことがあります。その際は、向きを反対にして再度、取り付けることになります。


↓完成(その1):テールランプ
テールランプ.JPG

↓完成(その2):ストップランプ
ストップランプ.JPG

↓完成(その3):ライセンスランプ
ライセンスランプ.JPG


LEDランプにしたことにより、電気も80%位、省電力化できました。
計算: テール5w×2個 + ライセンス5w 計15w → 2.5w程度
    ストップランプ21w×2個 計42w → 5.6w程度 

皆さんも球切れの際には、LED化を検討してみるのもよいかもしれません。
ただ、お金はかかってしまいます。

nice!(9)  コメント(0) 
前の5件 | -